読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保護色で暮らす

地味目な社会人の日常 ー食と旅ー

【Banks cafe & dining】憧れのふわとろパンケーキ

食べる

ついに、ついに、『Banks cafe & dining』に!行ってきました!

渋谷駅から歩くこと10分程のところにあります。

2~3年前、まだ店名が『スコッチバンク』だった頃に1度行こうとしたことがあったのですが、炎天下の中の長蛇の列に恐れをなしてそそくさと退散したのでした。その時の待ち時間は確か、2時間…炎天下に2時間はむり。並んでいる人に尊敬。

 

ずっと再挑戦したいと思ってはいたのですが、それと同時に並ぶのはやだなあ、とも思っていたため、こんなに月日がたってしまいました。

並ぶなら冬はやだ。夏もやだ。ということで、暖かくなってきたこの春の良き日に再挑戦することにしたのでした。

 

日曜日の12時過ぎ。

並んでない!びっくり! 拍子抜け!

パンケーキブームもひと段落した感がある今日、もう並ぶほどではないのか、はたまた単純にタイミングが良かっただけなのかはわかりませんが、とにかくすんなり入店。

 

店内中央にあるカウンター席に座った私。カウンターの中では、お姉さんがせっせとパンケーキを焼いています。とても忙しそう。

ここのパンケーキは注文を受けてから1つ1つ作るのだそうで、出てくるまでに50分かかりました。(入店時にそう言われていた。)

 

ついに、到着したパンケーキ

マスカルポーネパンケーキ(プレーン)

1100円

 

f:id:pippi-naito:20170422220431j:plain

f:id:pippi-naito:20170422220449j:plain

うわああああああ、ふわふわだ!

目においしいいいい。

なんてかわいいフォルムなんでしょう。

しっとり、ぽってり。

ずっと見ていられます。

「柔らかいので、スプーンでお召し上がりください」なんだそうです。

 

これは、パンケーキというよりスフレです。中はとろとろ。まるでクリーム。まるで泡。

的確な表現を思いつきました。

 

焼いた白はんぺん!

 

パンケーキの表面はまさにそんな食感。中身は白はんぺんよりもとろりとしていますが。

 

念願のパンケーキはもちろんおいしかったのですが、全くお腹いっぱいにはなりませんでしたとさ。

お腹いっぱいにはならなくとも、憧れのパンケーキを食べて心が満たされました。

 

<関連記事> 

pippi-naito.hatenablog.com

pippi-naito.hatenablog.com