読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保護色で暮らす

地味目な社会人の日常 ー食と旅ー

【シンガポールひとり旅】シンガポールで食べたあれこれ

旅をする【シンガポール】

私の旅行は食の比重がかなり大きい。念入りに食べ物のことを調べ、食べたいものを目指して街歩きをする、という旅のスタイル。

しかし今回は、腹具合がイマイチ&暑さに若干バテていたというダブルパンチのせいで不覚にも思うように食べることができなかった。とても残念。

それでも、2日間でいろいろ食べたのでここにのせておこうと思う。

金額を覚えておかなかったことが痛恨のミス。

 

・カヤトーストとミルクティー

f:id:pippi-naito:20161216215049j:plain

早朝にシンガポールに到着し、ホテルに荷物を置いたあとに、まず食べた朝食。カヤジャムという甘いジャムと薄く切られたバターをラスクのようなかりかりのトーストに挟んだもの。半熟卵をつけて食べるのがポピュラーな食べ方だというので、卵も頼んでみた。そして、しょうゆをかけ過ぎた(写真参照)。カヤトーストはシュガーバタートーストみたいな味。とくに味も香りもなくただ甘いだけという感じだったが、普通においしかった。飲み物はコーヒーでも紅茶でもエバミルクが入っている甘いものがスタンダードなようで、「ティー」と言ったら甘いミルクティーが出てきた。甘いミルクティーで甘いカヤトーストを食べるのは結構辛いものがあるので、しょっぱい半熟卵があってよかったと思った。だから、みんな卵もセットで頼むのだろうか。

 

・歩き疲れてパイナップル

f:id:pippi-naito:20161216215224j:plain

カトンで(正確にはカトン地区にすら入っていない)クン・セン・ロードを目指して歩いた私。

くわしくはこちら

歩き疲れて駅まで引き返し、駅近くのショッピングセンターで買ったカットパイナップル、1$。ジューススタンドのような店で、フレッシュジュースやカットフルーツを売っていた。カウンター席が併設されていたので、そこで食べた。このお店は他のショッピングセンターでも見かけたのでポピュラーなお店なのかもしれない。パイナップルは甘かったが、芯が固くて少々食べにくかった。

 

・ZAMZAMのムルタバ


・カトンでラクサ

f:id:pippi-naito:20161216215535j:plain

カトンにある有名店、Marine Parade Laksaにてラクサを食べる。Marine Parade Laksaはローカルなお店が4店ほど集まったフードコートの中にあるのだが、場所がわかりにくく警備のおじさんに教えてもらってやっと到着。日本でもラクサを食べたことがあるが、その時のものとはだいぶ違う印象。ラクサは甘いというイメージがあったのだが、ここのものは別に甘くなかった。それから、麺が細い米麺で、短くカットされていた。スープはエビのみその風味がよくきいていた。最初はさほど気にならなかったが、後半になってくるとこのみその風味が辛くなってきた。(私はエビやカニのみそがあまり好きではない。)不思議なことにこのみその香りがこの後もずっと鼻に残っているような感じがして、若干気持ち悪くなった。あまり説得力がないかもしれないが、ラクサ自体はおいしかった。

 

・またまたパイナップル

f:id:pippi-naito:20161216215741j:plain

カトンのショッピングセンターのフードコートにあったジューススタンドのフレッシュジュース。パイナップルジュース。またパイナップル。味の感想はとくにない。見たまんまの味。

 

・くるみ汁粉

f:id:pippi-naito:20161216215826j:plain

現地では『胡桃糊』と言うらしい。3.5$。オーチャードロード沿いのショッピングモールPlaza Singapuraの中に入っているお店『記得吃』で食べる。くるみをペースト状にしたもので、中には何も入っていない。名前に『糊』とついているだけあって、糊みたいな液状のデザート。温かくてほんのり甘くてほっこりする。しかし、味に変化がないので若干味に飽きた。